潤静(うるしず)は11時間後でも95%!【驚異の効果は?】

潤静 効果

 

潤静(うるしず)は体に悪いものは一切排除していて0歳の赤ちゃんにも使えるという全身用高保湿ローションとして人気です。試してみようと思っているのですが、その効果が、本物かどうかが気になります。

 

潤静(うるしず)の効果を配合されている成分から検証してみましたので、潤静(うるしず)の効果が気になる人は参考にしてみてくださいね。

 

ヒアルロン酸よりすごい?

 

潤静(うるしず)に含まれている保湿成分は、超高分子PGA(ポリグルタミン酸)というもので実はこの成分が化粧品に配合されたのは初めてなのです。この成分はヒアルロン酸やコラーゲンよりも保湿力が高いと言われています。

 

通常の保湿成分は時間とともに蒸発してしまいがちなのですが、この超高分子PGA(ポリグルタミン酸)は自らが蒸発することをしないような作用があり肌に留まり続けるため、肌が自然と潤いたっぷりに保たれやすいのです。

 

アトピーの肌などは肌の各層内がスカスカ状態となっていて、ここに保湿成分をいくら補っても保湿成分がどんどん蒸発してしまい一向に良くならないのですが、超高分子PGA(ポリグルタミン酸)を塗ってあげることで自ら潤いを保てる皮膚になっていくのです。

 

超高分子PGA(ポリグルタミン酸)は医療機関でも使われている本物の成分でヒアルロン酸よりも凄い皮膚の保湿成分なのですね。

 

バリア機能で完璧?

 

潤静(うるしず)の保湿成分を高める為の成分として同じく凄いのがセラミドです。潤静(うるしず)には、なんと3種類ものセラミドが配合されていて、それも人型セラミドと言われる人の皮膚と同じ構造をしたセラミドが配合されているのです。これって本当に凄い事ですよね。

 

セラミドの効果は外的刺激などから肌を守る為に角質細胞間脂質をセメントのように繋ぎ止めて肌のバリア機能を高めてくれる役割があるのです。この機能が弱いと角質層がスカスカとなりバリア機能が落ちてしまうので、外部からのあらゆる刺激を直接皮膚内部まで受けてしまうのです。

 

セラミドが不足している皮膚は角質細胞がぐらついて一部が剥がれ落ちるような状態になるので皮膚が粉吹いたような感じになってしまうのですぐわかるはずです。潤静(うるしず)を使えば3種類のセラミドで肌バリア機能を高めてくれるのでスベスベ肌に導いてくれるのですね。

 

痒みも一発?

 

潤静(うるしず)の嬉しい効果は、我慢できない痒みを抑えてくれる効果です。特にアトピー肌などの人は痒みがひどくて夜も眠れない事が多いはずですが、潤静(うるしず)ならば痒みが収まり安心して睡眠が取れるのです。

 

その効果の秘密はキハダ樹皮エキスという成分にあります。この成分は肌の痒みを抑える消炎作用や抗菌作用、そして収れん作用があって我慢できない痒みを抑えてくれるのです。

 

潤静(うるしず)を使えば寝ている間に痒くてかきむしってしまい、朝起きる時にはシーツが血だらけなどというようなことは無くなりそうですね。

 

潤静(うるしず)は、これらの成分によって塗ったあと11時間後でも肌のみずみずしさをつけたての95%キープし続けられ、更に無添加にこだわっているので安心して使えそうですね。

 

>>潤静(うるしず)の詳細はこちら